このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ネコペディア 猫のギモンを解決

科学に佇む書斎
【2015/03/21】



トラ猫『ネコペディア 猫のギモンを解決』

獣医さんの立場で語るネコという身体のメカニズムと健康法。
肥満対策から猫パンチの予知方法まで、かなりのお役立ち。

科学の本犬と違い、猫がしっぽを振るのはイライラのサインです。人間の貧乏揺すりに近いと思います。耳をたたむのも、猫がイライラしているときの代表的なサインです。

科学の本猫の場合、タバコの影響でリンパ腫の発生率が高くなるようです。猫は副流煙による受動喫煙だけでなく、毛についたタバコの粒子を舐め取ることで発癌性物質を口からも摂取してしまいます。


「確率の話」ですので、「みんな癌になる」のではなく、
「長寿ネコが珍しくなり、短命猫が増える」と考えて下さい。



科学の本人間のダイエットサプリとして販売されている「α-リポ酸」は、猫には絶対に与えないでください。飲み込むと低血糖を起こし、高確率で亡くなってしまいます。

科学の本オスは21匹中、20匹は左手を、メスは21匹中、20匹は右手を使ってマグロを取り出そうとしました。実験では猫には確かに利き手があり、さらにその利き手は性別によって反対になるという結果が出たのです。
 
科学の本猫にお風呂は必要ですか?
 答えはノーです。猫は綺麗好きな動物なので、自分の毛は自分でお手入れします。生涯一度もお風呂に入らなくても猫は綺麗です。

科学の本猫は柑橘系の臭いを嫌います。柑橘系の洗剤で猫用トイレを丸洗いすると、臭いが移ってしまうので避けてください。それ以外でも強い香りの洗剤は注意が必要です。

科学の本メスが珍しい柄は茶トラ、茶シロです。これらは約8割がオスです。

科学の本非常に稀なケースですが、病気や怪我などで虹彩の色が変わることがあるようです。人間ではデヴィッド・ボウイというロックミュージシャンが外傷により後天的オッドアイになりました。






『ネコペディア 猫のギモンを解決』
 山本宗伸
 秀明出版会
 


類書にはないトピックスが多めでお得感がうれしい。

いまいちぱっとしない装丁にされていて残念だけど、中身は「これ読んでおけば、救われるネコも救われる飼い主さんもけっこういるよね!」と栄養度高くておすすめモノだよ。

 →『ミニ特集:犬 わんこ ペットの本』
 →『ミニ特集:猫 ネコ にゃんこ』
 →『猫肉の薬効:ネコを食べる』
 →『ミニ特集:動物愛護・動物の権利を考える』
 



このページ 『ネコペディア 猫のギモンを解決』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む