このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

科学に佇む書斎
【2012/05/19】



科学の本『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』

知恵さえあれば、道は開ける!
知恵を活用できる人材をつぶしてはならない、知恵がどんなに大事であるかが、みごとにくっきり描かれているスゴ本。
はい、何度も何度もメディアで紹介され、2015年にはこの本を原案にしてテレビドラマも作られましたよ。(…本書の内容とは大幅に違う内容のドラマだったけど)

科学の本私たちは「お願いですから来てください」とは一切言いません。頭は下げません。試験をして、誰が村に入るにふさわしいか、入村者を集落の人が選ぶ。

科学の本無償提供の家や準備金まで用意して入村希望者を募ると「お客さん」が来てしまいます。集落がほしいのは、村民と一緒になって共同生活してくれる人なんです。

科学の本なんでもそうですが、何かをやろうとする時は、情報収集が非常に大事になってきます。よく調べないと何も出来ないのは、テレビの構成作家時代に身にしみて覚えたことです。
 全国の2万人から5万人までの市町村で、町おこしに成功したところと失敗したところを114ヵ所調べました。

科学の本仏壇に祀られているご先祖の魂を抜いて、それを一つの位牌に全部入れてしまうやり方が仏教にはあるんです。
 ┗ 抜魂(ばっこん)で空き家の仏壇を救う




科学の本最悪の「町こわし」的な発想とは何かというと、失敗したら誰の責任だと、責任追及をすることです。犯人捜しをしたり、悪いのはあいつだと責め始めると、一歩も前へ進まなくなる。
 だいたい頭の悪い人がやっていますね。

科学の本不安な人は必ず、失敗した時のことを先に言うんです。「転んだらどうすんだ!」「ぶつかったらどうすんだ!」「つまずいたらどうすんだ!」。
 でも、失敗すれば、起きあがればいいだけのことじゃないですか。



好評につき、文庫版が出ています。
 

『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』
 高野誠鮮
 講談社
 


知恵さえあればここまでできる!
方法を知ってさえいれば、すべてから一歩先んじることができる。
その劇的な事例がここまで詰まっている本は珍しいし、実にありがたい。
がっちりマンデーの権化みたいなスゴ本。

著者は、羽咋市の地元出身で、公務員兼業のお寺さんの息子として育つ。東京に出て、20代で『11pm』のUFO企画(!)を担当するなどのテレビマン業務を経験。家の事情で田舎に戻るが、職はない金はないの下っ端公務員におさまるしかなかった。

しかし、マスコミ業で経験したスキルは彼を埋もれさせてはいなかった!
次々発揮される叩き上げの調査努力と洗い出しの極意。「以前読んだことがあるアメリカのCIAの戦略」(!)とか「NASAの友人」(!)とか古文書にUFOの痕跡を見た!とか、情報アンテナバリバリのスーパー公務員ここに参上!!
金はなくても知恵で起つ!

リンク非常事態宣言:石川県羽咋市に宇宙人出現!

百聞は一見にしかず!
彼が大転換させた 石川県羽咋の町を観光 してみないかい。

人材って大事。
「みんなでいっしょに考えて答えを出す」と、誰か賢い人一人が出すベストな解決方法よりもレベルの低い解決方法にしかたどりつけないことが多い

この本は→『2015年拝読本のベスト』に入ります。

 →『ミニ特集:お金と経済の本』
 →『ミニ特集:お金や経済をめぐる本 舶来』
 →『ミニ特集:お金や経済をめぐる本 舶来2』
 →『ミニ特集:お金や経済をめぐる本』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後