このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  入門犯罪心理学

科学に佇む書斎
【2015/04/18】



科学の本『入門犯罪心理学』

科学の本少年事件は年々減少の一途をたどっており、特に凶悪事件や粗暴事件の減少が目立っている。

科学の本厳罰化には犯罪抑制効果はなく、むしろ最悪の場合、助長してしまうことがある。

科学の本薬物がやめられないのは、薬物に依存性があるからであり、意志の力とは関係がない。

科学の本「過去1年に電車内で痴漢被害に遭った経験がある」と答えた女性は、13.7%に及んでいた。
 痴漢被害に遭った304人の女性のうち、80.9%が「我慢した」「その場から逃げた」と回答しており、「警察に通報した」という人は、わずか2.6%しかないことから、いかに暗数が多いかがわかる。
(東京・大阪・名古屋の三大都市圏に住む女性2221人に対して警察庁が行ったアンケート調査から)

科学の本実は世界中でこんなに痴漢事件が発生しているのは日本くらいのものであり、まさに日本特有の犯罪だと言ってよい。その最大の理由は、満員電車である。
 これだけの満員電車で毎日膨大な数の人々が通勤する社会は、世界中見渡してもほかにないからである。

科学の本刑務所に入所する者のうち、最も多い事件はやはり窃盗で約35% 、次いで覚せい剤25% 、詐欺8%の順である。特に上位2つは、事件数の多さに加え、再犯が多いことも関係している。

科学の本私もある高齢受刑者から、「刑務所では真面目に生活するから、満期が来ても外に出さないでください」と訴えられたことがある。「真面目にやるから早く出してくれ」というのが普通であるが、彼にとっては外の生活のほうが、刑務所より苛酷なのである。

科学の本「振り込め詐欺」などの特殊詐欺である。確かにその被害規模は甚大であり、警察庁のまとめによれば、2013年には振り込め詐欺だけで9204件、被害総額約260億円であり、特殊詐欺全体では500億円に近い規模となっている。
 しかし、詐欺事件の総認知件数は、約三万八000件であるので、特殊詐欺はその一部にすぎない上、振り込め詐欺の一部は恐喝事件として立件されているケースもある。

科学の本虐待と非行の関連性は低く、被虐待児が非行に走りやすいというのは偏見である。






 


『入門犯罪心理学』
 原田隆之
 ちくま新書
 筑摩書房
 


著者は、麻薬依存の治療や、性犯罪者再犯防止プログラムの実施などに携わった人。
本書の内容は、どっちかというと、入門というよりは著者の持論の開陳が強い部分があったりする。

一般向けの犯罪心理の入門書としては、個人的には
→●本『犯罪捜査の心理学』 連続殺人犯について
→●本『犯罪捜査の心理学』 ストーカー犯罪について
→●本『犯罪捜査の心理学』 通り魔殺人・大量殺人事件について
がオススメ。

 →『メディアの性質と治安悪化神話』

 →『ミニ特集:刑務所と厳罰化の影響を考える本』
 →『ミニ特集:犯罪捜査研究の本』
 →『ミニ特集:犯罪をめぐる心の研究の本』
 →『ミニ特集:犯罪をめぐる心の研究の本 2』
 →『ミニ特集:犯罪研究の本 海外』

 →『ミニ特集:犯罪や不正行為とヒト心理の本』
 →『ミニ特集:犯罪を考える本 日本』
 →『ミニ特集:日本の罪と罰についての本』
 →『ミニ特集:ストーカー』
 →『ミニ特集:死刑についての本 いろいろ列挙』
 →『ミニ特集:死刑についての本』
 



このページ 『入門犯罪心理学』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む