このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:社会の格差を憂う本 2

科学に佇む書斎
【2015/07/06】


『14歳からわかる生活保護 14歳の世渡り術』
 雨宮処凛 河出書房新社

●大人にもオススメ

こちらで紹介
→●本『14歳からわかる生活保護 (14歳の世渡り術)』



『女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学』
 丸山里美 世界思想社

●日本では、女性のホームレスはめちゃめちゃ少ない。
 なぜこのような男女差が生じているのか。その原因は、たいへん広く、深く、根深い。
 どんな偏りを、この社会は「あたりまえ」としてしまっているのか、よく考えてみよう。

こちらで紹介
→●本『 女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学 』



『間違いだらけの生活保護バッシング Q&Aでわかる生活保護の誤解と利用者の実像』
 生活保護問題対策全国会議 明石書店

科学の本実際に生活保護が必要な暮らしなのに受けている人は2〜3割。先進諸国に比べ利用率は異常な低さ。日本では生活保護は「恥」であるという意識が強く、「できる限り使いたくない制度」になってしまっている。

科学の本生活保護受給者の世帯類型では、高齢者世帯が約4割、傷病・障害者世帯も約4割で、入院・通院治療が必要な世帯が約8割も占めている。








『すぐそばにある「貧困」』
 大西連 ポプラ社

●縁あって、自立生活サポートセンター「もやい」の理事長になった著者による、もやい活動体験記。
 さまざまな事例についての体験記が記され、、各章の合間には関連統計データの紹介もあり。
 巻末には困ったときの相談先リストが用意されています。

科学の本ひとり親家庭の貧困率は54.6%(2012年)と高く、「母子世帯」では95.9%が平均給与所得以下で生活しています(2013年「国民生活基礎調査」より)。

科学の本2012年1月におこなわれた「ホームレスの実態に関する全国調査」(厚労省)によれば、野宿者の平均年齢は59.3歳、女性の割合は4.3%とされました。


この「女性の割合は4.3%」が厚労省のページを見てもうまく計算で出せない私は算数苦手。
その後、2015年の調査結果では女性の割合は3.4%:
リンクホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果 (厚労省)

目次より:
 路上 炊き出し・夜回り 生活保護 相談会 不正受給
 6人に1人が貧困の日本 多様化する「ホームレス」
 生活保護ってどんな制度? 貧困をとりまく歴史
 不正受給ってどれくらいあるの?
 若者 アパートとネコ 家族 暴力団 バッシング
 がんばって働けばなんとかなるの?
 住まいはどうしてたいせつなの?
 女性、そして子どもの貧困
 貧困はさまざまな要因と結果にもとづく


 →『ミニ特集:社会の格差を憂う本』
 →『ミニ特集:社会の格差を憂う本 2』
 →『ミニ特集:社会の格差を憂う本 3』

 →『ミニ特集:子どもの貧困/小児期の逆境というハンデ』
 →『ミニ特集:社会の絆の問題の本』
 →『ミニ特集:日本の社会に問題を見る本』
 →『ミニ特集:日本の社会に問題を見る本 2』

 



このページ 『ミニ特集:社会の格差を憂う本 2』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む