このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:大麻 マリファナ ガンジャ ポット

科学に佇む書斎
【2015/06/16】




大麻pixabay
『大麻草と文明』
『マリファナの科学』
『大麻入門』



『大麻草と文明』
 ジャック・ヘラー、J.エリック・イングリング 築地書館

●文明と銘打たれているけれど、主なところは近代、20世紀アメリカの大麻史たっぷり。
 現代に繰り広げられている大麻論争についての基礎知識を供給する。



『マリファナの科学』
 レスリー・アイヴァーセン 築地書館

●前世紀末までの、科学面におけるマリファナ研究の成果をまとめてくれた本。

こちらで紹介
→●本『マリファナの科学』



『大麻入門』 長吉秀夫 幻冬舎新書

●こちらは日本の人が著した大麻本。新書でお手軽。

科学の本国内では大麻を吸引する習慣はなかったが、現在の取締りの基となった大きな転換期は、第二次世界大戦終戦に伴うポツダム宣言にあった。いわゆる、「ポツダム勅令」の中に、大麻取締法へと繋がる省令がある。

科学の本大麻取締法が制定された時点では、日本では一般的に大麻を吸引する習慣はなく、虫除けのために葉を燃やして屋内を燻したり、きこりや麻農家の人々がタバコの代用品として使用する程度のものであった。

科学の本北海道では、年間140万本から、多い年には600万本もの野生の大麻が、保健所の職員らによって駆除されている。これらの大麻は、明治政府の主導により広められた大麻産業の名残である。



札幌には麻生(あさぶ)という地名があり、これは麻の工場があったから。
札幌の隣の江別市には大麻(おおあさ)という地名もあります。


 
 →『ミニ特集:文化と植物の共演 その1』
 →『ミニ特集:文化と植物の共演 その2』
 →『ミニ特集:植物をメインに博物誌する本 海外』
 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後