このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ラディカル・ラブ クィア神学入門

科学に佇む書斎
【2014/12/01】



科学の本『ラディカル・ラブ クィア神学入門』

このほとばしる情熱!
神への忠誠心!

異性愛ではない在り方を、神は愛してくれている。そして、人間はその神の愛に応えなければならない。
先鋭的な神学者たちが、多様な人間界の愛の有り様を、主の示し給うたものとしてここまで論じるのだぁあぁ。読んでみないかい?

科学の本「クィア」とは二項対立の間にある境界線を消し去ることによって、「普通の」アイデンティティと考えられていたもの(たとえば「異性愛」か「同性愛」のどちらかといった二者択一的なもの)を不安定にさせることである。

科学の本ソドムとゴモラの話は伝統的に、LGBTの人々に対する神の罰の証拠と解釈されてきた。しかしクィア聖書学者たちは、実際にはこの話は、見知らぬ人に対する「ホスピタリティの欠如」の罪を非難しているのだと論じる。
 聖書の世界のような厳しい砂漠地帯では、ホスピタリティの欠如は旅人の生死に関わる重大な問題であった。

科学の本長い歴史の中では、人がそのジェンダーや性的なパートナーの好みによってではなく、性行為において「挿入する側」(上)か「挿入される側」(下)かで分類されてきた期間の方が長かった。



科学の本イエール大学の歴史学教授ボズウェルは、キリスト教はその初期においては同性愛嫌悪を持っておらず、それが顕著になったのは12〜13世紀に入ってからだと論じた。

科学の本1994年に亡くなる前にボズウェルは『近代以前のヨーロッパにおける同性カップル』(Same-Sex Unions in Premodern Europe )という著作を発表し、キリスト教会には数世紀にわたって同性愛関係を祝福する儀式があったと論じた。

科学の本ハーバード神学大学の神学者でありゲイであることを公言しているマーク・D·ジョーダンは著作『キリスト教神学におけるソドミー概念の発明』(The Invention of Sodomy in Christian Theology)において、「ソドミー」という神学用語は中世の神学者たちによって発明されたものであると結論づける。

科学の本ロバート・ウィリアムズは、イエスがゲイで、彼の愛した弟子とはラザロその人であり、イエスの恋人であったのではないかという仮説を立てている。






 


『ラディカル・ラブ クィア神学入門』
 パトリック・チェン
 新教出版社
 


理屈と膏薬はどこへでもつく …っつったら糞味噌で申し訳ないけれど、中世も今も変わらぬ「己の熱き心に沿った世界解釈をこれでもかと求め続ける涙ぐましいスーパー雑技団」というか、…はてはなんだか「脱構築」のあまりに「解脱」コースかと見まごうくだりもあるけれど、でもあくまでもどこまでも「執着一筋執着全力投球」なのが、まさに仏道ではなくキリスト教としてのクィア道なんだろう…。

ともあれ、すごい本です。

この本は→『2015年拝読本のベスト』に入ります。



 →『ミニ特集:キリスト教』
 →『ミニ特集:多方面からキリスト教をさぐる本』
 →『ミニ特集:クィアな海外本』
 →『ミニ特集:日本の性習俗、男色文化』
 



このページ 『ラディカル・ラブ クィア神学入門』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む