このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  縄文土偶ガイドブック 縄文土偶の世界

科学に佇む書斎
【2014/02/21】



科学の本『縄文土偶ガイドブック 縄文土偶の世界』

「ふうん、ガイドブックなのかー」と読み始めると、ガイドどころか、大胆な著者の推理が展開されていて「ナニコレすごい」状態になる意外本。

さまざまな情報をガイドしながら、画期的な説を提示したアンドリュー・パーカーの
→●本『眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く』
に似た感触が味わえる、評判の科学推理ガイド本。

科学の本殺された神の死体から作物が生まれる、神の殺害を食物発生に欠かせぬ行為とする話は、世界各地にみられる食物起源神話のひとつです。

科学の本遺跡から出土する用途不明のさまざまな遺物のなかに、壊れた土器の破片の周囲を円くていねいに磨いた「土製円板」があります。土偶がたくさん出土する遺跡に、この土製円板も多いのです。

リンク倉敷考古館『円く削られた焼き物のかけら(縄文編)』

科学の本熊本県熊本市の鶴羽田遺跡の土偶は、なんと土器片そのものを埋めこんで作られました。縄文人が心に描く土器と土偶の究極の関係を物語ります。

科学の本土偶の出現期から終わりまである、きわめて小さな貫通孔や半貫通孔。これは土偶に一貫した、見逃しがたい、重要な要素です。しかもこのような小孔は、縄文時代のほかのどんな遺物にもありません。
 大切なことは、これが一貫した要素と認められるならば、土偶が最初から最後まで一貫した目的、用途のために作られていたことを裏づけることにもなることです。

科学の本東アジアからオセアニアにかけて広く入れ墨の風習を調べた高山純は、施術者は圧倒的に女性が多いことを「驚く」という表現をもって報告しています。

科学の本縄文土器は、そこに残された指跡の大きさや民族事例などから、女性によって作られたと考えられています。






 


『縄文土偶ガイドブック 縄文土偶の世界』
 三上徹也
 新泉社
 


 →『ミニ特集:縄文時代』
 →『ミニ特集:天皇と日本神話と古墳をめぐる』
 →『ミニ特集:考古学の本 日本 編纂書』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む