このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  美しいプランクトンの世界 生命の起源と進化をめぐる

科学に佇む書斎
【2014/12/25】



Needlefish & Plankton ダツの一種とプランクトン『美しいプランクトンの世界 生命の起源と進化をめぐる』

この本ったら、過剰なほど、いちいちビジュアルがすばらしいんだよ、ほんと眼福。美しい。


  ↑
あちこちのページに、ネット動画への「QRコード」が載ってるんです、スゴイよこの本。kira

科学の本海洋のバイオマス〔生物量〕の98%近くが、目に見えない、おびただしい数のプランクトン性の生物である。頭足類、魚類、海産哺乳類といった目に見える生物は、全体の2%程度にすぎない。

科学の本学名は、現在の人間を例に挙げると、出身や肌の色に関係なく、すべての人間の種名はラテン語で「賢い人」を意味するヒト Homo sapiens ホモ・サピエンスである。

科学の本海産の繊毛虫でいちばん驚くべきは見事な殻をもつ有鐘繊毛虫類であろう。有鐘繊毛虫の殻は、古代ローマ兵の鎧の名をとって「ロリカ(lorica)」と呼ばれている。


credit: johndolan via FindCC


科学の本フランスの漫画家メビウス(Moebius)がタルマワシの形態に触発されて描いた絵が、ハリウッド映画の大ヒット作「エイリアン」に登場するモンスターの元となったのだ。

タルマワシたち

Gigantocypris.jpg
"Gigantocypris" by Stemonitis - Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons.


4369543488_65e84625d9_z
credit: JesseClaggett via FindCC

科学の本甲殻類ではきわめて珍しいことに、タルマワシの雌は熱心に子どもの世話をする。一種の育児嚢に卵を産んで孵化させると、樽の中で子どもを育て、餌をやる。そういった習性からタルマワシには「乳母車の虫(pram bug)」という通称もある。

科学の本獲物に出会うと、クリオネは電光石火の早業で6本のバッカルコーン〔触手〕を繰り出し、獲物をしっかり捕捉してから、ざらざらした舌でその組織をゆっくりとかじる。


Clione limacina, common name Naked #SeaButterfly, #SeaAngel, and Common Clione, is a sea angel found from the surface to greater than 500 m in depth. Distribution of Clione limacina is mostly in cold waters, from the Arctic Ocean to North Carolina, Alaska
credit: 2ilorg via FindCC



  


『美しいプランクトンの世界 生命の起源と進化をめぐる』
 クリスティアン・サルデ
 河出書房新社
 


大判のソフトカバーでページ数もたっぷりたっぷり。
美しいプランクトンの世界。拝めます。






 →『ミニ特集:プランクトン』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む