このサイトの中を      2018年拝読ベスト本   2017年拝読ベスト本  

科学な本のご紹介:  ミニ特集:人体について その2

科学に佇む書斎

シナプスpixabay-2 
『疲労の医学』
『タンパク質の一生 生命活動の舞台裏』
『生体電気信号とはなにか 神経とシナプスの科学』
『新・現代免疫物語 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異』
『セカンド・ブレイン 腸にも脳がある!』



『新・現代免疫物語 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異』
 岸本忠三 講談社

●さまざまな科学者・研究者が試し、出会い、努力し、解明した免疫の謎と治療への希望の物語。
 ドラマにつぐドラマ! そして免疫バンザイ!

こちらで紹介
→●本『新・現代免疫物語 「抗体医薬」と「自然免疫」の驚異』


生体電気信号とはなにか―神経とシナプスの科学 (ブルーバックス)


『生体電気信号とはなにか 神経とシナプスの科学』
 杉晴夫 講談社ブルーバックス

●親子二代で駆け抜けてきた世界の科学史も厚く暖かく、ともすれば無機的に終始しかねない題材をどんどん読ませる、魅せてくれる。

こちらで紹介
→●本『生体電気信号とはなにか 神経とシナプスの科学』



『タンパク質の一生 生命活動の舞台裏』
 永田和宏 岩波新書

こちらで紹介
→●本『タンパク質の一生 生命活動の舞台裏』



セカンドブレイン―腸にも脳がある!


『セカンド・ブレイン 腸にも脳がある!』
 マイケル・ガーション 小学館

こちらで紹介
→●本『セカンド・ブレイン 腸にも脳がある!』


『疲労の医学』
 上畑鉄之丞 編 日本評論社

こちらで紹介
→●本『疲労の医学』


→『ミニ特集:細胞を科学する』
→『ミニ特集:人体について その1』
→『ミニ特集:人体について その3』
→『ミニ特集:食べ物や栄養の本 その4』
→『ミニ特集:五感研究の本いろいろ』
 



このページ ミニ特集:人体について その2 は以上です。
【2015/02/07】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・