このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:科学を仕事する本-2

科学に佇む書斎
【2015/01/08】


『職業としての科学』 佐藤文隆 岩波新書

こちらで紹介
→●本『職業としての科学』



『研究費が増やせるメディア活用術』
 山本佳世子  丸善出版

●著者は日刊工業新聞社の記者さん。視点は日刊工業新聞直系で、もっぱら「応用科学」「産業ネタ」。
 「応用科学」「産業貢献」「日刊工業新聞に載りたい!」をめざす研究者にはオススメ。

こちらで紹介
→●本『研究費が増やせるメディア活用術』



『科学者が「起業」で成功する方法』
 キャスリーン・アレン 日経BP社

●原題は「起業家」精神ではなく「科学者や技術者のための_企業家精神_アントレプレナーシップ」。
 「起業」の指南あれこれなのではなく、科学者や技術者が、企業の設立に関わり、そして企業を運営していく上で、踏まえておくべき基本的理念をひととおり説き聞かせてくれる、なんというか、「下っ端ではない主体性を持って組織に関わる心構え」を見せてくれる本。

こちらで紹介
→●本『科学者が「起業」で成功する方法』



『NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ』
 植松努 ディスカヴァー・トゥエンティワン

●北海道赤平の、表題どおりのスゴ会社のご本です。
 いやもうこの本、なにがスゴイってなんもかんもスゴイ。いちいち、本書の中の言い回しはグサグサと正しいんですよ。しかも、実体験を元にして、ガツンガツン来る。

こちらで紹介
→●本『NASAより宇宙に近い町工場』


 →『ミニ特集:科学を仕事する本』
 →『ミニ特集:科学を仕事する本-3』
 →『ミニ特集:研究・実験の進め方の本』
 →『ミニ特集:科学や研究をプレゼンするときの本』

 



このページ 『ミニ特集:科学を仕事する本-2』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む