このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:障害を生きる その2

科学に佇む書斎
【2015/01/06】

車椅子Twitter
『難病カルテ 患者たちのいま』
『障がいをもつこどもの「きょうだい」を支える お母さんお父さんのために』
『何かお手伝いしましょうか 目の不自由な人への手助けブック』
『医師と行く諦めていた夢が叶う旅』



『障がいをもつこどもの「きょうだい」を支える お母さんお父さんのために』
 遠矢浩一 ナカニシヤ出版

●前半は「しんどい役割を背負う子」「無理して自分を抑える子」のつらい心が描かれる。
 後半は家庭内の人間関係を改善する術あれこれ。
 どんなご家庭でも役に立つ、心の栄養価が高い本。

こちらで紹介
→●本『障がいをもつこどもの「きょうだい」を支える お母さんお父さんのために』



『何かお手伝いしましょうか 目の不自由な人への手助けブック』
 立花明彦 産学社

●著者さんは静岡県立大学の准教授さんで、視覚障害者でもある。
 日々の実体験から語られるそのお話は、とてもわかりやすい。

こちらで紹介
→●本『何かお手伝いしましょうか 目の不自由な人への手助けブック』




●人に課せられる困難にはさまざまなものがある。
 その困難は、その人の善悪とは関わりのないものであり、救われへの道は、等しく開かれてあるべきだという、茫洋としてはいるかもしれないけれど、先の世界への想いを引き起こしてくれる、多くの人々の声が集まった一冊。

こちらで紹介
→●本『難病カルテ 患者たちのいま』



『医師と行く諦めていた夢が叶う旅』
 坂本泰樹 幻冬舎メディアコンサルティング

●身体のせいで、冒険や体験をあきらめすぎていませんか。
 声をあげればかなえられる、自分の人生へのプレゼント!
 手続きや心構えなど、いろいろなノウハウが紹介されています。
 同級生に、ご近所に、かなえてあげられそうな人はいませんか。


 →『ミニ特集:「障害=不幸」伝説をカウンターする』
 →『ミニ特集:障がい者というくくり方くくられ方』
 →『ミニ特集:障害を生きる その1』
 →『ミニ特集:障害を生きる その3』
 →『ミニ特集:障害を生きる その4』
 



このページ 『ミニ特集:障害を生きる その2』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む