このサイトの中を     2017年拝読ベスト本     2016年拝読ベスト本 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:民俗学と文化人類学のフュージョン

科学に佇む書斎
【2014/12/28】

ブルターニュのパルドン祭り
『日本文化の人類学/異文化の民俗学』
『文化人類学で読む日本の民俗社会』
『日本人の病気観 象徴人類学的考察』
『ブルターニュのパルドン祭り 日本民俗学のフランス調査』
『熊から王へ』
『森のバロック』


日本文化の人類学/異文化の民俗学


『日本文化の人類学/異文化の民俗学』
 法蔵館

●日本民俗学と妖怪伝承研究に新風を吹き込んだ小松和彦氏。
 氏の還暦を記念して、教え子たちが集結して編み出したのがこの分厚い論考集!
 ぶっちゃけ価格が鬼クラス。

こちらで紹介
→●本『日本文化の人類学/異文化の民俗学』


文化人類学で読む日本の民俗社会 (有斐閣選書)


『文化人類学で読む日本の民俗社会』
 伊藤亜人 有斐閣

こちらで紹介
→●本『文化人類学で読む日本の民俗社会』


熊から王へ カイエ・ソバージュ(2) (講談社選書メチエ)


『熊から王へ』
 中沢新一 講談社

科学の本折口信夫は、アメリカ・インディアンたちの行なっている冬の祭りの光景や雰囲気が、自分が体験してよく知っている日本の中部地方の山の中で今も盛んに行われている祭りとそっくりであることに、少なからぬ衝撃を受けました。



森のバロック


『森のバロック』
 中沢新一 せりか書房

●南方熊楠を構造主義で読み解けば…

科学の本イタリア・ルネサンス期には、ベラドンナ(おおかみなすび)のような毒薬の汁を点眼薬につかい、眼を美しく見せていた(含有物質のアトロピンに、瞳孔を拡大させる作用があるからである)という記録もある。

科学の本熊楠は、クサノオウと曼珠沙華(石蒜、彼岸花、死人花)との対立に、着目している。クサノオウは、春分に燕が来ると同時に咲きだすといわれている。これにたいして、曼珠沙華は秋分に咲く植物である。


※ クサノオウもマンジュシャゲも、有毒。
 クサノオウの有毒成分は、うまく用いれば薬用にもなる。
 字は「草の王」ではなく、「瘡(クサ)の王」。
 瘡とは、皮膚のできもののこと。



文庫版もあります

森のバロック (講談社学術文庫)





『ブルターニュのパルドン祭り 日本民俗学のフランス調査』
 新谷尚紀、関沢まゆみ著 悠書館

●社会変動と学問の枠の変動の中、落ち着き先をうまく見いだせずに試行錯誤を続ける日本民俗学。
 そんな模索と開拓のひとつの発露なのか、部外者にはよくわからない不思議な著作でございました。うーん。


日本人の病気観―象徴人類学的考察


『日本人の病気観 象徴人類学的考察』
 大貫恵美子 岩波書店

●日本の人々が考える健康観は、わずかの間にも大幅に変化してきてしまっている。
 今の健康観や医療規範が次の世代で同じに通じる保証はない。
 さあさ温故知新。

こちらで紹介
→●本『日本人の病気観 象徴人類学的考察』


→『ミニ特集:民俗学系の本はこんなにいろいろ 』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の編纂書 その1』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の編纂書 その2』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の編纂書 その3』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の編纂書 その4』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む