このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:性淘汰 性の生物学

科学に佇む書斎
【2014/12/16】



●ドクター・タチアナが、いろいろな生物からの性のお悩み相談に解答ズバズバ非常に正しいアドバイス♥。というシチュエーションコメディみたいな性の生物学本。
 そんなイロモノ路線でありながら、中身はうかつな記述は目につかない上、一般向け性淘汰勉強本としてもフェミニズム科学的にも高水準&合格点。
 装丁も、買っても恥ずかしくないー♥

こちらで紹介
→●本『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座』






●日本の人間行動進化学を統べるMRK先生が、昔々、高校生にもわかるようにやさしく「性の進化」について語って下さったのがこの一冊!

こちらで紹介
→●本『オスとメス=性の不思議』




●タイトルに煩悩全開で購入を決めるなんかしたら、思い切り弁慶の泣き所を連打されるほどのマジメなマジメな濃厚本。

こちらで紹介
→●本『セックス・アンド・デス 生物学の哲学への招待』




●これは使える良い科学読物。
 性淘汰や生態系の小ネタがたっぷり(92本!)で、しかもいずれも2〜3ページですぐ読み終えられる軽い記述。
 なんともポップな才能に恵まれた学者さんです。

こちらで紹介
→●本『遺伝学でわかった生き物のふしぎ 重さ100トンのキノコ、ダンゴムシの男女比、性転換するカサゴから、赤ワインで有名なあのカベルネ・ソーヴィニヨンのあっと驚く血統追跡まで』




●ヒト性行動を考察して一世を風靡した、進化心理学初期の話題作。

こちらで紹介
→●本『恋人選びの心 性淘汰と人間性の進化』



 →『ミニ特集:性犯罪についての本』
 →『ミニ特集:強姦を考える』
 →『ミニ特集:ヒト生殖行動にまつわる本 古め』
 →『ミニ特集:進化研究の本 楽しい海外本』

 



このページ 『ミニ特集:性淘汰 性の生物学』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む