このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:イスラムを知る本

科学に佇む書斎
【2014/12/16】

モスクFacebook
『イスラーム金融 贈与と交換、その共存のシステムを解く』
『イスラームの性と文化』
『変わるエジプト、変わらないエジプト』
『コーラン』
『井筒俊彦著作集 8 コーランを読む』
『図説 科学で読むイスラム文化』
『サルマン・ルシュディの文学 「複合自我」表象をめぐって』




●無限のバブルを容認するキリスト教的な規範と、無限暴走に禁忌の軛を課すイスラムの規範。
 長く受け継がれてきたイスラムの知恵は、深くまっとうに現代を照らしなさる。
 我々の隣人世界を知る上で、これは賢い入門書! 見るべし!

こちらで紹介
→●本『イスラーム金融 贈与と交換、その共存のシステムを解く』




●コーランがこんな面白い書物だったとは!
 こんなに多くの信者を持つ経典、読まずに死ねるかい。

こちらで紹介
→●本『コーラン』



『井筒俊彦著作集 8 コーランを読む』
 井筒俊彦 中央公論社

●コーラン入門の講演を収録してある。
 ムハンマド当時の時代についての理解を始めとして、イスラム世界観の基礎がとてもわかりやすいし、コーランの根っこの深みを体感させてくれる凄みが熱くて美味しい。

科学の本『コーラン』の世界観によると、存在そのものが、すなわち神の慈悲なのです。同じことを人間の側からいえば、存在することそのものが神の讃美なのです。

科学の本『千夜一夜』というのを皆さんご存じでしょう、あれは最も非アラビア的なアラビア文学ですから、あれを標準にしちゃいけません。
 あれは非アラビア的なものがいかにイスラーム化されたかということのひとつの文学史的な現われとしては非常に面白いものですけれども、起源的にはイスラームではないし、ましてやアラビア的ではありません。




『図説 科学で読むイスラム文化』 ハワード・ターナー

科学の本イスラム教徒の社会においてはキリスト教徒とユダヤ教徒は、当初から「啓典の民」という特別な範疇に属しており、租税を払うことによって自らの信仰を維持できるという特典を与えられていた。




『サルマン・ルシュディの文学 「複合自我」表象をめぐって』大熊榮

科学の本1991年7月11日には『悪魔の詩」の日本語版翻訳者五十嵐一氏が暗殺されたが、日本パキスタン協会のスポークスマンは愚かにも同日次のように述べた。
 「暗殺は完全に100パーセントあの本と関係している……。本日われわれは互いにおめでとうと声をかけあった。だれもが心底喜んだ」

科学の本「私」とはなにかという問題が表面化し、例えばG・H・ミードのように「自我は社会的にできている」という見方が出てくるのは20世紀に入ってからである。




『イスラームの性と文化』 イスラーム地域研究叢書
 加藤博 編 東京大学出版会

目次:
 イスラーム世界の女性 言説と実態の狭間で 加藤博
 夫婦関係を盛り上げる仕組み トルコ西黒海地方の農村の事例を中心に 中山紀子
 トルコの女性労働とナームス(性的名誉)規範 村上薫
 マグリブ三国におけるマイクロクレジット普及の背景とその現状 「開発とジェンダー」の考察に向けて 鷹木恵子
 イランの女子教育 イスラーム化の影響 桜井啓子
 中国ムスリムの女性教育 1980年代以後の状況を中心に 王建新・新免康
 出稼ぎによるジェンダー関係の変化 北アフリカ・チュニジア南部の事例 岩崎えり奈
 中東へ出稼ぎに行くフィリピンのムスリム女性 変わる「性」規範と移動する女性 石井正子
 「女子供」の映画としてのイラン映画 鈴木均
 女性誌にみる「よそおい」とマレー文化の新伝統主義 奥村みさ
 国連における女性問題 平井文子
 中東に関するジェンダー統計・データ 泉沢久美子


    ↑
日本で暮らしていると全然見えてこないけど、世界各国イスラムの世界はこんなに広いんです。

科学の本加藤博 ”女子割礼をめぐる議論でさえ,非難とそれに対する護教論的弁明が横行し,肝心の「女性の差別」が見えてこない.それは,女子割礼であれヴェール着用であれ,イスラームにかかわる個々の具体的な問題が,その歴史的原因や問題発生の社会的状況を捨象され,文化や政治の言説の中で論じられることによって,問題の焦点が摩り替えられてしまっているからである.”

科学の本中山紀子 ”さらす文化をもつ日本と比較すると、トルコは、逆に、隠す文化をもった社会だと言える。裸に関していえば、トルコ人は、公衆浴場でさえ、男女とも真っ裸にならない。”

科学の本中山紀子 ”トルコ人にとって女性を「嫉妬しなくなること」は、豚肉を食べることと同じくらい、タブー(禁忌)なのである。それは、男女の密接な性的関係を揺るがすことにつながるのである。”






 


●日本アラブ協会発行『季刊アラブ』連載稿を元にして、すてきな現在エジプト紹介本が世に登場!
 昭和の時代を知らない人が、昭和の時代を紹介する本を読む、その程度の距離感に描かれている(という点が何よりすごい)アラブ世界なのだ。
 とっても暖かく親しみやすく描かれているのだ。
 著者は女子なのだ。

こちらで紹介
→●本『変わるエジプト、変わらないエジプト』

 →『ミニ特集:パキスタン』

 →『ミニ特集:宗教と現代がわかる本』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の本-編纂1』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の本-編纂2』
 →『ミニ特集:人類学や文化研究の本 海外』
 




このページ 『ミニ特集:イスラムを知る本』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む