このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情

科学に佇む書斎
【2014/01/12】



手帳アイコン『ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情』

地道な処世術や起死回生テクニック含め、研究業界の生き残りノウハウ満載。
手に汗握る理工系ピアレビュー丁々発止もあるよ。

科学の本誰も取り上げていない問題は、いくらでもある。難しいのは、それらの中で自分の実力で解けそうな問題を見つけてくることである。

科学の本論文書きに血道を上げる東工大の教員の間で、学部を出てすぐ就職する学生が「一見(いちげん)の客」と呼ばれているのは、論文作成の足しにならないからである。
 これに対して、論文書きに協力してくれる大学院生は「馴染みの上客」である。

科学の本指導教員に選ぶべきは、「新しくて面白そうなテーマを研究している教員、学内外での評判がいい(人柄がいい)教員、学生の面倒見がいい教員、学生に過度に干渉しない教員」 である。
 このすべての条件を満たす人はめったにいないが。

科学の本抗議しても埒(らち)が明かない時には、別のジャーナルに投稿し直す。数十万円の研究費と数百時間を掛けて書いた論文を、「霊安室」に送るようなことがあってはならないからだ。

科学の本若いうちはどんどん論文を書いて、自分の地位とスキルを手に入れる。たくさん書けば、その中に「必ずや」研究者集団に評価されるものが含まれている。






 


『ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情』
 今野浩
 中公新書ラクレ
 中央公論新社
 


著者が「金融工学」という、あまり「一般向け科学本」には登場しないジャンルの科学者さんだというところも、なかなかに興味深い見どころなのです。

 →『ミニ特集:科学の書き方の本』
 →『ミニ特集:科学を仕事する本』
 →『ミニ特集:研究・実験の進め方の本』
 →『ミニ特集:科学や研究をプレゼンするときの本』




ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む