このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情

科学に佇む書斎
【2013/12/30】



手帳アイコン『ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情』

地道な処世術や起死回生テクニック含め、研究業界の生き残りノウハウ満載。
手に汗握る理工系ピアレビュー丁々発止もあるよ。

科学の本新しい分野に参入する時は、できる限りそれまでに築いた人間関係を害(そこ)なわないようにすること。

科学の本工学部には「質は量についてくる」という言い伝えがある。論文をたくさん書けば、その中にある割合で優れたものが含まれているという意味である。

科学の本優れた研究者が蝟集(いしゅう)する領域で研究するより、未開の鉱脈で身の丈に合った問題に取り組むこと。

科学の本雑用は、時間を掛ければ成果が出る。一方、研究はギャンブルだから、時間を掛けても成果が上がるとは限らない。

科学の本一つの論文にあまり多くのことを盛り込みすぎると、審査に時間が掛かって出版が遅れる。もう一つ言えば、二つ以上のことを一つの論文に書くより、二つの論文に分割したほうが論文の数が多くなる!

科学の本同時に二つの研究テーマを追求するよう心掛けること。一つの研究テーマだけを追い求めると、デッドロックに乗り上げた時に「煮詰まって」しまう。









『ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情』
 今野浩
 中公新書ラクレ
 中央公論新社
 


著者が「金融工学」という、あまり「一般向け科学本」には登場しないジャンルの科学者さんだというところも、なかなかに興味深い見どころなのです。

 →『ミニ特集:科学の書き方の本』
 →『ミニ特集:科学の書き方の本-2』
 →『ミニ特集:研究・実験の進め方の本』
 →『ミニ特集:科学や研究をプレゼンするときの本』





ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む











今読んでる本


応仁の乱

人体600万年史

たたかう植物

氷河期以後