このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:障害を生きる

科学に佇む書斎
【2014/11/27】








『こどもの口唇裂・口蓋裂の治療とケア 患者説明にそのまま使える 不安なパパ・ママにイラストでやさしく解説』
 大久保文雄 編著 メディカ出版

科学の本おしゃべりの量は増えますが、構音発達の途上であるために大人と同じように発音できないことも多い時期です。
 このような時は言い直しをさせずに、やりとりのなかで正しい音を聞かせてあげるようにしましょう。
 正しい音を繰り返し聞くことで、発音もはっきりとしてきます。

科学の本乳幼児は成人と同じ聴力検査はできないので、脳波で聴こえの程度を調べるABR(聴性脳幹反応)検査や内耳の機能を調べるOAE(耳音響放射)検査を行う。




『通史日本の障害者 明治・大正・昭和』 山田明 明石書店

● 目が不自由な人々を統括し、障害者の人生に多大な影響を持つ組織が存在していた、かつての日本。
 重度の障害者は福祉で支え、軽度の障害者は企業に雇用を強制するよう方針を定めた近代。
 今に至るまでの日本における福祉の制度設計はいかに。

科学の本大正時代、当時の代表的な義肢は、癈兵に対して皇室から与えられていた恩賜の義肢であるが、それらが実際に使われることは少なく、「神棚にあげたり壁に掛けたりして拝んでゐる」という状態であったが、その背景には義肢の水準が低くて実用にたえないという事情があった。



 →『ミニ特集:障害を生きる-2』
 →『ミニ特集:障害を生きる-3』
 →『ミニ特集:「障害=不幸」伝説をカウンターする』
 →『ミニ特集:障がい者というくくり方くくられ方』

 



このページ 『ミニ特集:障害を生きる』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む