このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:犯罪を考える本 日本

科学に佇む書斎
【2014/10/15】


『少年犯罪 統計からみたその実像』 前田雅英 東京大学出版会

科学の本東京は少年犯罪の率が、福岡や大阪よりかなり低いにもかかわらず、成人の検挙人員率はそれらの府県の倍近いという点に特色を有する。その意味で東京は、成人の犯罪が突出して多い地域なのである。





●2013年の法改正に際して編まれた「あなたができる法的対処」についてのご本。

こちらで紹介
→●本『ストーカー 被害に悩むあなたにできること』
 長谷川京子、 山脇 絵里子 日本加除出版




●数々の、そこらじゅうにありふれているのに、心底「異常な」看板。実物写真。
「メディアを信じるな」的現実がごっそり陳列されてるぞ。

こちらで紹介  →●本『誰が誰に何を言ってるの?』






 →『ミニ特集:犯罪捜査研究の本 2』
 →『ミニ特集:犯罪捜査研究の本』

 →『ミニ特集:犯罪研究の本 海外』
 →『ミニ特集:犯罪をめぐる心の研究の本』
 →『ミニ特集:犯罪をめぐる心の研究の本 2』

 →『ミニ特集:犯罪や不正行為とヒト心理の本』
 →『ミニ特集:警察についての本』
 →『ミニ特集:犯罪を考える本 日本』
 →『ミニ特集:刑務所と厳罰化の影響を考える本』
 →『メディアの性質と治安悪化神話』
 →『ミニ特集:日本の罪と罰についての本』
 →『ミニ特集:日本の罪と罰についての本 2』
 →『ミニ特集:日本の罪と罰についての本 3』
 →『ミニ特集:ストーカー』
 →『ミニ特集:死刑についての本 いろいろ列挙』
 →『ミニ特集:死刑についての本』



 



このページ 『ミニ特集:犯罪を考える本 日本』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む