このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:うつを生きる

科学に佇む書斎
【2014/10/15】

うつの構造
『うつ病の人の気持ちがわかる本 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる』
『「うつ」からの社会復帰ガイド』
『うつの医療人類学』
『うつを生きる』
『「うつ」の構造』
『クレイジー・ライク・アメリカ 心の病はいかに輸出されたか』
『真昼の悪魔 うつの解剖学』


「うつ」からの社会復帰ガイド (岩波アクティブ新書)


『「うつ」からの社会復帰ガイド』
 うつ気分障害協会編 岩波アクティブ新書 岩波書店

●ゼロ年代の出版なので、すでにもう「ちょっと古い記述」の本になるのかもしれません。

科学の本救命医療医術が発達した日本では、語弊があるかもしれませんが、死ぬことも簡単ではありません。命は救えたけれど、その結果重度の後遺障害で苦しむ自殺未遂者と家族がいることはあまり知られていません。

科学の本抗うつ薬の服薬を中止して、最初の8週間以内に約20%、16週以内で40%が再発するというデータがあります。再発が起こると前回のうつの時に比べ病気の回復までに時間がかかるようになります。




『うつを生きる』朝日新聞医療グループ編

科学の本高齢者がうつになっても年齢のせいにされやすく、痴呆と間違われることも多い。

科学の本閉経前後はホルモンバランスの変化や生活環境の変化が多く、うつ病になりやすい。女性のうつ病は、いらいらやほてりなど、更年期障害と共通の症状が出ることもあり、見分けが難しい。

科学の本高齢者の自殺は、欧米では都市の一人暮らしに多いが、日本では農村部の三世代同居に多い。







『うつの医療人類学』
 北中淳子 日本評論社

●国によって、文化によって、ヒトの逆境反応はどのようにあらわれてくるのか。そんな『文化依存症候群』の系譜で、日本の精神医療とうつ病概念の推移を読み解く話題の書。

こちらで紹介
→●本『うつの医療人類学』



『「うつ」の構造』 神庭重信, 内海健 編 弘文堂

●複数の専門家が、それぞれにうつについて寄稿。
 『うつの医療人類学』の北中淳子さんも参加しています。

こちらで紹介
→●本『「うつ」の構造』



『クレイジー・ライク・アメリカ 心の病はいかに輸出されたか』
 イーサン・ウォッターズ 紀伊國屋書店

●元来は、逆境反応がたどる心理的水路(もしくは、逆境感を感じた人が取る反応パターン)は、文化によって社会によって、それぞれに多様な特色を持っていた。
 それが、グローバル化とアメリカ文化の席巻によって、文化一般のフラット画一化とともに、ヒトの心の病み方までもが、均質化されてきた!
 日本人の心は、アメリカ企業の影響によってどのように改造されてきたのか。
 『うつの医療人類学』の北中淳子さんの話も織り込みながら、話はドギツめに展開する。

こちらで紹介
→●本『クレイジー・ライク・アメリカ 心の病はいかに輸出されたか』



『うつ病の人の気持ちがわかる本 不思議な「心」のメカニズムが一目でわかる』
 大野 裕, NPO法人地域精神保健福祉機構 監修 講談社

●講談社の「病気のことを知ってもらいたい人に、まず読んでもらう」のに最適で好評な入門向けシリーズの一冊。

こちらで紹介
→●本『うつ病の人の気持ちがわかる本』



『真昼の悪魔 うつの解剖学』
 アンドリュー・ソロモン 原書房

●全米図書賞ノンフィクション部門の受賞作。
 うつ病経験者ご本人が、具体的、かつ印象的なエピソードをふんだんに織り込みながら、進化心理学〜進化精神医学から、治療やうつ病の病態研究まで、広範に紹介。

こちらで紹介
→●本『真昼の悪魔 うつの解剖学』


 →『ミニ特集:自殺とみなされる行動 その1』
 →『ミニ特集:自殺とみなされる行動 その2』
 →『ミニ特集:心の病について入門する本 患者側』
 →『ミニ特集:心の健康と生き方の本』






このページ 『ミニ特集:うつを生きる』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む