このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  人間の境界はどこにあるのだろう?

科学に佇む書斎
【2008/11/05】



科学の本『人間の境界はどこにあるのだろう?』

原題は「So You Think You're Human? : A Brief History of Humankind」。
 「ヒトと動物は異なるはず」などの強迫観念がつきまとう西欧文化で「どこからヒトでなくなるのか」イギリスの学者さんが思索をめぐらしてみたよ。

科学の本中国と西欧では、人間が自然を超える存在であるため、人間は自然を支配できる、または少なくともその管理を任されたのだという考えが、伝統に深く影響している。

科学の本中絶を合法化しようとする社会的な圧力により、新しい、事実上「人間以下」のカテゴリーが作り出された。それは、まだ生まれていない赤ん坊である。

科学の本遺伝的な研究により、私たちが、他の生物たちとどれほど共通点を持つかを測定する方法が手に入った。人間であるということが、これほど獣に近く感じられたことはない。

科学の本神経科学者の スーザン・グリーンフィールドは、意識とは何かを私たちはまだよく理解していないので、ロボットにそれを埋め込む可能性について考えてもほとんど意味がないと論じる。

科学の本ネアンデルタール人がどのような人間的地位にあったのかに関する議論は、19世紀に、黒人のそれに関して行われた議論を彷彿とさせるのである。

科学の本長谷川眞理子 ”技術さえ許せば、本当に自分の子どもを遺伝子改変してデザイナー・ベビーにしたいと欲する日本人はどれほどいるのだろうか? 私にはよくわからない。”

科学の本私たちは、現在の基準では人間とは認識されない何かに、自らを変えていく運命にあるようだ。





『人間の境界はどこにあるのだろう?』
 フェリペ・フェルナンデス・アルメスト
 岩波書店
 


 →『ミニ特集:生命倫理の本いろいろ』
 →『ミニ特集:生命倫理と医療問題の本 海外系』
 →『ミニ特集:生命倫理と医療問題の本』
 →『ミニ特集:人体改造と生命倫理の本』
 →『ミニ特集:臓器移植にまつわる本』

 



このページ 『人間の境界はどこにあるのだろう?』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む