このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  これだけは知っておきたい世界の鉱物50 鉱物通になるための第一歩

科学に佇む書斎
【2013/07/13】



宝石Mozilla『これだけは知っておきたい世界の鉱物50 鉱物通になるための第一歩』

数ある鉱物本の中でも、めちゃめちゃトリビア成分が多くて楽しい一冊。
生活に関連する、社会的に重要な鉱物50種を厳選して掲載。標本の写真も魅力的なものが多く、どれもこれも欲しくなってしまう。

科学の本金は王水(塩酸3硝酸1)に溶けるほか、猛毒のシアン化合物水溶液(製錬やメッキ液として使われてきた)や、ヨードチンキなどにも溶ける。

科学の本日本では金は、約70%が電気通信機器や機械部品に使われ、宝飾・工芸・貨幣関係で約13%、メッキ用が約10%、歯科・医療用が約7%である。

科学の本金の一般的な色は反射光で見るため黄金色である。ところが、金の細かい粒では黄土色になり、金箔のように非常に薄くしていくと反射光は黄金色であっても、青緑色の透過光が確認できる。







科学の本ふつうに見られる自然金は、粒状、樹枝状、髭状、葉片状、スポンジ状で、まれに八面体か十二面体の結晶形を示す。

科学の本微細な砂金はほぼ日本中の川にあるといっても過言ではなく、簡単な道具で採集できる。東京の多摩川河床から産する砂金では、重量%が金99.2、銀0.4と、ほとんど純金に近い分析例もある。

科学の本鹿革の袋に細かくした金鉱石や砂鉱と水銀を入れよくもむと、金が水銀中に溶け込む。そのアマルガムを鉄鍋の上で焼けば、水銀が蒸気となって飛散し、鍋の底に金が残る。”(水銀蒸気は猛毒注意)

科学の本岩塩:おもに口に入れることを目的とする鉱物は、これだけである。

科学の本玄武岩は磁鉄鉱がたくさん含まれているので、磁石(コンパス)がくるいやすく道に迷うこともある。富士山の樹海の基盤は玄武岩であることが、方位を見失う原因ともなっている。








『これだけは知っておきたい世界の鉱物50 鉱物通になるための第一歩』
 松原聰/宮脇律郎
 サイエンス・アイ新書
 ソフトバンククリエイティブ
 


 → 【ミニ特集:北海道の地学や鉱物の本】
 → 【ミニ特集:地学や鉱物の本】
 → 【ミニ特集:鉱物あれこれ】
 → 【ミニ特集:鉱物図鑑は楽しいな】





ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む