このサイトの中を      ▶年間拝読ベスト本歴代 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:アイヌ像を繙く本 その1

科学に佇む書斎

近年、考古学などの研究から、かつてのアイヌ世界の広さとたくましさがどんどん明らかになってきている。


アイヌ-Pinterest
『アイヌの民族考古学 ものが語る歴史』
『トビニタイ文化からのアイヌ文化史』
『エミシ・エゾ・アイヌ アイヌ文化の成立と変容 交易と交流を中心として』
『アイヌときどき日本人 増補改訂版』
『アイヌの沈黙交易 奇習をめぐる北東アジアと日本』
『アイヌの歴史 海と宝のノマド』
『アイヌ学入門』


アイヌの民族考古学 (ものが語る歴史シリーズ)


『アイヌの民族考古学 ものが語る歴史』 手塚薫

●アイヌが培ってきた交易世界は面白い!

科学の本人骨コラーゲンの分析から、近世アイヌは重量比で植物食が33%に過ぎず、7割近くが陸上動物や魚介類、海産大型動物の、動物食に大きく依存した生活をしていたという結果が出ている。

科学の本近年、幕府や藩は近代国家ではなく、前近代の封建的体制を引きずっており、その支配の力はアイヌを拘束するほどのものではなかったとする研究成果があらわれはじめた。



トビニタイ文化からのアイヌ文化史


『トビニタイ文化からのアイヌ文化史』
 大西秀之 同成社

科学の本明治5年の開拓使の調査記録から、この時期の上川アイヌの集落では一世帯あたり1,300尾ほどのサケ類を捕獲していた。
 試算すると、単純にすべてを自家消費した場合、一世帯が必要とするカロリーの約1年9カ月分にも相当するサケ類を、1シーズンに捕獲していたこととなる。



エミシ・エゾ・アイヌ (アイヌ文化の成立と変容―交易・交流を中心として)


『エミシ・エゾ・アイヌ アイヌ文化の成立と変容 交易と交流を中心として 上』
 榎森 進、小口 雅史、澤登 寛聡編  岩田書院

科学の本小口雅史 ”「エミシからエゾへ」とよくいわれるが、そもそもエミシという言葉は『日本書紀』に一回しか登場しない。それも東北のエミシを指す用語とはストレートにつながらない史料である。”

科学の本手塚薫 ”千島列島全体に及ぶ居住の断絶期が、過去数千年間に二回確認されている。これは五百年周期の大津波などの自然災害との関連を考慮に入れるべきかもしれない。”





アイヌときどき日本人―宇井眞紀子・写真集


『アイヌときどき日本人 増補改訂版』
 宇井眞紀子

●【素晴らしい写真集】
 所属し、仲間の歴史を引き受けるという胆力。
 突きつけられる映像。
 一族の末裔として、仲間と、血脈を引き受ける。
 美しくもつらい世界が、この一冊に結晶している。




アイヌの沈黙交易―― 奇習をめぐる北東アジアと日本 ―― (新典社新書61)


┗ 異文化を自文化の基準で軽々に解釈してはならないということ、自戒できていますか
紹介ページ
→●本『アイヌの沈黙交易 奇習をめぐる北東アジアと日本』  瀬川拓郎


アイヌの歴史 海と宝のノマド (講談社選書メチエ)


┗ 海洋民族の歴史から読み解く北方世界は、広い!
紹介ページ
→●本『アイヌの歴史 海と宝のノマド』   瀬川拓郎 講談社選書メチエ







アイヌ学入門 (講談社現代新書)


『アイヌ学入門』
 瀬川拓郎 講談社現代新書 講談社

●アイヌや北方交易の考古学/日本史を追ってきた第一人者さんが、これまでに世に問うてきた数々の著作のハイライトをコンパクトにつめ込み開陳した濃縮おトク本がコレ。
 かなりのハイコストパフォーマンスな推し新書。

こちらで紹介
→●本『アイヌ学入門』


上掲の中から入門用にまず2冊、を選ぶのであれば、
 『アイヌ学入門』と、
 『アイヌときどき日本人増補改訂版
をお勧めしたい。


 →『ミニ特集:北海道』
 →『ミニ特集:アイヌの過去を繙く本 その2』
 →『ミニ特集:アイヌの過去を繙く本 その3』

 →『ミニ特集:考古学の本 日本 その1』
 →『ミニ特集:考古学の本 日本 その2』
 →『ミニ特集:考古学の本 日本 編纂書』
 →『ミニ特集:縄文時代』
 



このページ ミニ特集:アイヌ像を繙く本 その1 は以上です。
【2014/02/02】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・