このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:昔の日本についての本:近代その1

科学に佇む書斎
【2013/09/30】

和風時計アイコン
『マラリアと帝国 植民地医学と東アジアの広域秩序』
『通史日本の障害者 明治・大正・昭和』
『アイヌ墓地をあばいたイギリス人たち 一八六五年箱館』
『知られざる福沢諭吉 下級武士から成り上がった男』



『アイヌ墓地をあばいたイギリス人たち 一八六五年箱館』 浜靖史

● 函館のアイヌたちの墓が異人によって勝手にあばかれ、遺骨がイギリスに持ち去られた!
 明治維新直前の江戸時代末期に、北海道で白人が引き起こした蛮行の記録。
 夜中に勝手に異国人が自分ちの墓をあばいて骨持って本国に高飛びするって、これどうなのよ。今でもそのままなんだろうか?
 再構成ドキュメンタリーとフィクションのないまぜで綴られる、貴重な日本史の一幕。

科学の本イギリス海軍の艦長・フォーベスが箱館に寄航した時、初めてアイヌの男性を見て驚く。「日本の蝦夷地には白人がいる」。アイヌ白人説は当時のイギリスでは相当広まっていた。




 → 『ミニ特集:アイヌ像を繙く本』
 →『ミニ特集:アイヌの過去を繙く本 2』


『マラリアと帝国 植民地医学と東アジアの広域秩序』 飯島渉

● 植民地医学の視点で繙く、八重山の強制疎開マラリア事件。
 疫病が蔓延する土地に押し込められ、半数が感染、うち2割が死亡! クラスで3〜5人はお友達が死ぬ計算だ!
 マラリア対策の史実を再検討。

科学の本琵琶湖をひかえた彦根市はマラリア患者が多いことで知られていたが、戦後GHQの指導の元に進められたマラリア対策(DDTの利用を軸とするもの)によって、マラリアは根絶される。

科学の本敗戦後、外地から引き揚げた日本人は、合計600万人以上にのぼるが、この中にはマラリアに感染していた人も多く、マラリア患者は急増した。いわゆる、復員マラリアである。




『知られざる福沢諭吉 下級武士から成り上がった男』 礫川全次 平凡社新書

科学の本当時の「世人」にとって、福沢諭吉=拝金主義者というのは、ごくありふれた評価だった。
 ことによると福沢は、あえて「拝金主義者」という呼称を引き受けながら、日本人の意識の「近代化」という啓蒙活動を展開してきたのかもしれない。


 →『ミニ特集:礫川民俗学の本』


『通史日本の障害者 明治・大正・昭和』 山田明 明石書店

● 目が不自由な人々を統括し、障害者の人生に多大な影響を持つ組織が存在していた、かつての日本。
 重度の障害者は福祉で支え、軽度の障害者は企業に雇用を強制するよう方針を定めた近代。
 今に至るまでの日本における福祉の制度設計はいかに。

科学の本大正時代、当時の代表的な義肢は、癈兵に対して皇室から与えられていた恩賜の義肢であるが、それらが実際に使われることは少なく、「神棚にあげたり壁に掛けたりして拝んでゐる」という状態であったが、その背景には義肢の水準が低くて実用にたえないという事情があった。


 →『ミニ特集:障がい者というくくり方くくられ方』

 →『ミニ特集:昔の日本の本』
 →『ミニ特集:昔の日本の本 2』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本:近代-1』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本:近代-2』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本:近代-3』
 →『ミニ特集:昔の日本についての本:近代-4』
 →『ミニ特集:昔の日本の本 近代と創作』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む