このサイトの中を      ▶年間拝読ベスト本歴代 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:考古学の本 日本 編纂書

科学に佇む書斎

ヤジリ 
『水と祭祀の考古学』
『史話日本の古代 4 巨大古墳を造る 倭王の誕生』
『縄文時代のはじまり 愛媛県上黒岩遺跡の研究成果』

水と祭祀の考古学



『水と祭祀の考古学』
 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館編 学生社

科学の本榎村寛之 ”八〜九世紀頃の、カミを祭る同じような場でも、あるものは神社と呼ばれ、あるものは呼ばれない。朝廷側から「これは神社だよ」と承認されないと神社にはなれない。認定するかしないか、これは朝廷の側の問題なんですよ。”

科学の本河上邦彦 ”一般に、亀の造形物は背に何かを乗せるという形で造形される。浦島太郎の物語は「浦島子」として『日本書紀』にものせられた話であるが、これも人をのせるというモチーフになるのである。”


※ アジア圏では、固い甲羅を持つ亀は、何かを背中に乗せるものと観念される一方で、やわらかい革の甲羅を持つ鼈(べつ =スッポン類)は、水神の兵士として描かれるなど、背中には乗せない存在として観念される。

昔、『水と祭祀の考古学』の読書感想を旧ブログに書いたときに作成した比較図。
亀と鼈

→『ミニ特集:いきものの科学の本 カメ・ザリガニ』


史話・日本の古代〈第4巻〉巨大古墳を造る―倭王の誕生 (史話日本の古代)



『史話日本の古代 4 巨大古墳を造る 倭王の誕生』
 大塚初重 編 作品社

科学の本日本の場合、七世紀以前の歴史を究明するためには基本的に『古事記』『日本書紀』の史料しかなく、しかもそれらは奈良朝初期になって成立した書物である。

科学の本佐原真 ”墳墓の傍らに埋められた馬の骨を調べると、胴体と頭部とが切断された状態で埋葬されている事例がある。”




『縄文時代のはじまり 愛媛県上黒岩遺跡の研究成果』

●難しい専門書です。

科学の本岡崎健治・中橋孝博 ”まず子どもの高い死亡率です。上黒岩遺跡の人骨の中で20歳未満の子どもは6割にも達しました。これは、一見多いと思われるかもしれませんが古代社会では特に珍しいことではありません。”

科学の本中橋孝博 ”明治時代になっても子どもの死亡率が4割近くにも達している。子どもが現代のように無事に大人になるまで成長を遂げる、そういった環境は比較的最近になってからのことと思います。”

科学の本岡崎健治・中橋孝博 ”縄文人は幼児期から立体的な鼻骨、湾曲度の強い鼻根をもっており、大人になるまでほとんど変化が認められません。弥生以降の集団では、鼻根部は幼児期から平坦です。”


 →『ミニ特集:縄文時代』
 →『ミニ特集:考古学の本 日本 その1』
 →『ミニ特集:考古学の本 日本 その2』
 →『ミニ特集:考古学の本 日本 その3』

 →『ミニ特集:神道と日本の人々』





このページ ミニ特集:考古学の本 日本 編纂書 は以上です。
【2013/09/07】
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
●twitter @endBooks
botではなく手動です。


連絡先:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む





💼 楽天トラベル ✈





 ・ ・ ・