このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:戦争を調べる

科学に佇む書斎
【2013/09/07】

狙撃兵シルエットpixabay
『戦争の変遷』
『人類にとって戦いとは 攻撃と防衛の軌跡』
『「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム』
『1冊で知る 虐殺〈ジェノサイド〉』



『人類にとって戦いとは 4 攻撃と防衛の軌跡』
 国立歴史民俗博物館 監修, 藤木久志, 宇田川武久 編 東洋書林

●石器時代や銅器時代に比べて鉄器時代は証拠がさびて消えてしまうので研究しにくい!
 遠隔戦では「英雄」は生じにくい、出土武器が近接戦用なら「戦闘指揮官」が存在しうる!
などなどけっこうツボな本。



シリーズ「人類にとって戦いとは」全5巻 東洋書林
●本ミニ 『戦いの進化と国家の生成』
●本ミニ 『戦いのシステムと対外戦略』
●本ミニ 『戦いと民衆』
●本ミニ 『攻撃と防衛の軌跡』
●本ミニ 『イデオロギーの文化装置』


『「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム』
 デーヴ・グロスマン、ローレン・クリステンセン 二見書房

●殺される際、他人を殺すとき、完全にイッてしまったときのヒト反応はいかに。
 その研究を尽くし、どんな修羅場でも確実に殺人や防御を完遂させる、訓練のエキスパートが記したご本だ。

こちらで紹介
→●本『「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム』



『1冊で知る 虐殺〈ジェノサイド〉』
 ジェーン・スプリンガー 原書房

こちらで紹介
→●本『1冊で知る 虐殺〈ジェノサイド〉』



『戦争の変遷』 マ-ティン・ヴァン・クレヴェルト 原書房

●戦史研究家が著した定評のある一冊。

こちらで紹介
→●本『戦争の変遷』


 →『ミニ特集:戦争と文化』
 →『ミニ特集:戦争と文化 2』
 →『ミニ特集:戦争を調べる』
 →『ミニ特集:戦争を調べる 2』
 →『ミニ特集:戦争を調べる 3』
 →『ミニ特集:太平洋戦争について語る本』
 →『ミニ特集:太平洋戦争について語る本 2』
 →『ミニ特集:武器、軍備』


 



このページ 『ミニ特集:戦争を調べる』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

Twitter:@endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
●twitter 科学に佇む