このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その1

科学に佇む書斎
【2013/09/07】

宇宙ロケット工学入門
『宇宙の事典 140億光年のすべてが見えてくる』
『宇宙ロケット工学入門』
『宇宙の果てまで すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡』
『プラネタリウムを作りました。7畳間で生まれた410万の星、そしてその後』



『宇宙の果てまで すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡』
 小平桂一 ハヤカワ文庫NF

● 日本の行政システムと戦い続けた、天文学最前線のなまなましさが、こうもつまびらかに語られるとは!
 前代未聞の巨大望遠鏡が「何の役」に立つのか、なぜ日本がハワイに天文台を持たねばならないのか!?
 ファンタスティックかつ硬派なリアル宇宙夢。その実現までの、あまりに長い長い道のりに圧倒されるですぞ!

科学の本低温技術に使われるヘリウムは、初め太陽で見つかった。ヘリオ(太陽)からその名を採ったのだ。


リンク すばる望遠鏡
リンク すばる望遠鏡が見つけた宇宙最遠方の銀河団
リンク 対談理解と価値をつなぐ:小平桂一×中村桂子

リンク プロジェクトX 第019回 「宇宙ロマンすばる」





 


『宇宙ロケット工学入門』
 宮澤政文 朝倉書店

●主要なロケットの推進機構の種類、構造、機能などが一通り把握できて、ミサイル含めて「ロケット発射」などのニュースが何を伝えているのか、とてもわかりやすくなる。

こちらで紹介
→●本『宇宙ロケット工学入門』


宇宙の事典―140億光年のすべてが見えてくる



『宇宙の事典 140億光年のすべてが見えてくる』
 沼澤茂美, 脇屋奈々代 ナツメ社

科学の本銀河系では1年間に20個程度の星が生まれますが、「スターバースト銀河」ではその100〜1000倍の勢いで星が形成されています。

科学の本「触角銀河」は、2つの渦巻銀河が接近遭遇し、衝突した結果、双方の引力で2つの銀河から物質が流れ出し、尾のような構造を形成したと考えられています。




『プラネタリウムを作りました。7畳間で生まれた410万の星、そしてその後』
 プラネタリウムクリエイター 大平貴之

● 地上から、はるか宇宙に大志を抱け!
 初めてプラネタリウムらしきものを作ったのは小学4年の時だった。
 以来試行錯誤を重ね続けて、ついには世界も驚く高性能星空製造機で起業に至るぞ。
 世界的に有名な、プラネタリウムメーカーの大先生。

 語り口は、わりと淡々としてるんですけどね。
 「熱意いっぱいまっしぐらな自作プラネタリウム人生年表」が、淡々と。

リンク 著者のTwitter @ohiratec_mega
リンク スーパープラネタリウム「MEGASTAR(メガスター)」
リンク 大平貴之のブログ
リンク 恒星数500万のプラネタリウムを一人で創った大平貴之

 リンク 宇宙食堂 舞台『プラネタリウムをつくりました。』



 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その2』
 →『ミニ特集:宇宙に魅せられる本 日本その3』

 →『ミニ特集:宇宙の不思議を冒険する本 海外系その1』
 →『ミニ特集:宇宙の不思議を冒険する本 海外系その2』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む