このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:生死の本 その1

科学に佇む書斎
【2013/09/01】

幽霊Messenger
『自殺が減ったまち 秋田県の挑戦』
『遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人…あなたの隣の「現実にある出来事」』
『死体まわりのビジネス 実録・犯罪現場清掃会社』
『図説 死因百科』



『自殺が減ったまち 秋田県の挑戦』 本橋豊 岩波書店

●地元の人々は心の病や自殺をどうみなしているのか。誤解や偏見度合いの実態を調べ、正しい知識を把握してもらうにはどうすればよいのか。
 メディアや地域のつながりを活用して、自殺発生最多地区の汚名を返上することに成功した秋田県内各地の、自殺対策取り組み実例とその成果をご紹介。
 大事な人の心や命、救えますか?

科学の本自殺は良くないことであるとか、自殺は恥ずべき行為であるというようなメッセージを、社会として伝えることは明らかに誤りである。

 ┗ 自殺企図者をよけい追い詰めることになるぞ、という意味。
「おまえの状態は受け入れられない」と感じさせるような言動は、人を追いつめる。
受け止めて、孤立させないためには、まわりの人のありようの中に「批判や拒絶」が混じり込んでいないかを再確認。

科学の本メンタルヘルス・リテラシーとは:
 地域住民が心の病気についてどれだけ知識を持っているのか。また、心の悩みを抱えた人に対して適切な行動をとることができる人が、地域の中にどれだけいるのか。

科学の本メンタルヘルス・リテラシーが不足しているのは、男性、中高年であり、とくに中高年男性に対して積極的な(心の)健康教育を行うことの必要性が明らかになった。

    ↑
●本 『全国意識調査』でも、男のほうが心の病のことをわかってない度合いが強いって出てるよね。



もっとたくさん関連書
→『ミニ特集:自殺という自己否定現象』







『遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人…あなたの隣の「現実にある出来事」』 吉田太一

● 日本的な、心にしっとり染みこむエピソード集。
 独居老人、孤独死、自殺、ゴミ屋敷、遺品処理、少子化・・・ 「片づけでお役にたつ商売」として駆けつけた者が、よけいなせんさくに踏み込みすぎることなく、お役にたつ範囲で職務を果たす。その業務の中で接した範囲での、断片的な内面語り。

科学の本死後何日かたつと遺体は必ず腐敗して死臭を発しはじめます。ひどい状態になると部屋の中にあるすべての物に死臭が付着して離れなくなります。死臭のついた遺品を手元におきたがる遺族の方はそうはいません。


好評につき、版を重ねてます。





『死体まわりのビジネス 実録・犯罪現場清掃会社』 アラン・エミンズ

●モーテルで自殺があっても、清掃さえ済めば抵抗感なく宿泊できてしまう。そんな文化圏のアメリカなのだ。

 こちらも「死後の始末請け負います」会社を立ち上げた人の本なんだけど、場所はアメリカであって、上の日本の遺品整理屋さん『遺品整理屋は見た!』との違いがスゴいのよ。
 起業家魂/開発ノウハウ/アイデアで勝負!的な、新規業態開拓精神バリバリアメリカンな死後始末。
 その上、依頼する側も、第三者も、ふつうに「死後始末が終わった部屋に翌日から住む」とか、日本と違って死穢とか全然気にしないのがスゴイ。というか、「死者の出た部屋」とか気にしすぎる日本が変!?



『図説 死因百科』 マイケル・ラルゴ 紀伊国屋書店

こちらで紹介
→●本『図説 死因百科』


 →『ミニ特集:生死の本 その1』
 →『ミニ特集:生死の本 その2』
 →『ミニ特集:終末期の本 その1』
 →『ミニ特集:終末期の本 その2』

 →『ミニ特集:日本人の死の民俗学』

 →『ミニ特集:遺体の変化を知る本』
 →『ミニ特集:死んだあとを考える本』
 →『ミニ特集:死体監察先生 上野正彦本』


 



このページ 『ミニ特集:生死の本 その1』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む