このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:先生側の本 その1

科学に佇む書斎
【2013/08/28】

教師板書Twitter
『大学教授という仕事』
『若い教師の悩みに答える本 こんなとき、どうする?』
『「教育」を問う教育学 教育への視角とアプローチ』
『大学のエスノグラフィティ』
『学問の春 知と遊びの10講義』
『だから、僕は学校へ行く!』
『プロの板書』



『大学教授という仕事』杉原厚吉

科学の本難しい問題らしいという先入観が学生に入ってしまうと、解ける問題も解けなくなることがある。自分が昔に挑戦して解けなかったということはなるべく言わずに問題を紹介すると、たまに学生が解いてしまう。







『若い教師の悩みに答える本 こんなとき、どうする?』
 河村茂雄/編著 学陽書房

こちらで紹介 
→●本 『若い教師の悩みに答える本 こんなとき、どうする?』



『大学のエスノグラフィティ』
 船曳建夫 有斐閣

科学の本「反撃的意志」と「情報処理能力」。それがないと、大学教授になれない、もしくはなってもそれを続けることが出来ずに、ドロップアウトしてしまう。






 

『「教育」を問う教育学 教育への視角とアプローチ』
 田中克佳 編 慶應義塾大学出版会

●教育学と教育現場は、こんなに遠かったんだね… と感動できる論考集。

科学の本真壁宏幹 ”聴覚(リズム)が視覚に影響を与え、視覚像を変える。音の強度を強めると色の残像を強め、音を中断させると残像はその瞬間揺らめく。低音は残像の青味を強め、高音は残像を濃縮させた。”

科学の本山内淳子”「読み・書き・計算」に代表される目に見える学力への偏重が過度になると、振り子を振り戻すかのように、わたしたちは目に見えない学力を重視しようとする。
 しかしながら、そこで少しでも目に見える学力の低下が示されると、再び振り子を目に見える学力重視へと振り戻すのである。しかもその力は、逆方向への力に比べはるかに強力である。”



 

『だから、僕は学校へ行く!』 乙武洋匡 講談社文庫

科学の本世代が替わるとき、格差をリセットする装置。それが、公教育であるべきだと思っている。公立学校でも、しっかりと基礎学力を身につけることができ、大学進学などの選択肢を増やしてやることができる。公立校がこうした機能を果たすことができれば、親の代にできてしまった格差を少しでも埋めることができるはずだ。





『学問の春 知と遊びの10講義』山口昌男

科学の本大学は知的にやる気のある学生と先生とが出会う場所になるべきであって、制度的にただそこにいて試験で点をとって就職するというような形骸化された通過儀礼の場としては、もはや存在しなくてもいい。




『プロの板書』釼持勉

● 黒板の書き方の本だって!

科学の本教師を目ざす学生を受け入れる教育実習先の指導者からは,「板書の文字が整っていない」,「筆圧が足りない」,「筆順がまちがっている」,「まっすぐ書けない」といった指摘が年々多くなっている。

科学の本チョークは,鉛筆と同じように持ったり,握るように持ったりすると,機能的に書けない。

科学の本文字は左から右に向かう点画が多く右ききの人が書きやすいようになっている。左ききの人は速く書くことが右ききよりも難しいので,自然なスピードで板書できるように心がけながら練習しよう。







 
 →『ミニ特集:教育設計の本 その1』
 →『ミニ特集:教育設計の本 その2』
 →『ミニ特集:先生側の本 その1』
 →『ミニ特集:先生側の本 その2』
 



このページ 『ミニ特集:先生側の本 その1』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む