このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  ミニ特集:民俗学 京極夏彦的妖怪講釈本

科学に佇む書斎
【2013/08/18】

妖怪馬鹿

『日本妖怪学大全』
『怪異学の技法』
『怪異学の可能性』
『妖怪大談義 京極夏彦対談集』
『姑獲鳥の夏』
『狂骨の夢』
『塗仏の宴』
『百鬼夜行-陰』
『豆腐小僧双六道中ふりだし 本朝妖怪盛衰録』
『妖怪馬鹿 化け物を語り尽せり京の夜』



『姑獲鳥の夏』 京極夏彦

科学の本科学の信奉者というのは、考えることは科学的だが、心と脳の関係でいえばこれは科学を信仰しているようなものだ。科学を宗教の代用にしてるだけで、これは本人の心にとってみれば宗旨を持っているよりやっかいなのさ。




『狂骨の夢』京極夏彦

科学の本玄奘(げんじょう)を励ましたのは毘沙門天(びしゃもんてん)だといわれ、後にその化身である深沙大将(じんさたいしょう)(あるいは深沙神)が玄奘が夢で感得した神であるといわれるようになったのだそうだ。そしてその深沙こそが沙悟浄(さごじょう)の前身なのだという。




『塗仏の宴』京極夏彦

科学の本河童は職人なんだ。
 その昔 −− 名のある大工が木偶(でく)人形に生命を与えて工事に使役した。完成の後にその人形を川に打ち捨て、それが河童になった:河童起源人形化生(けしょう)説は全国に数多く伝わる。河童は治水土木木工などに携わる工人でもあったのだ。

科学の本「春分の日に鷹が鳩に姿を変え、秋分の日に鳩が鷹となるのも、時の変化なり −− 」
「万一道を踏み外すと怪異を生ず −− 」
「それは気が逆さに通った所為である −− です。春分や秋分 −− 節気毎に気が乱れる訳ですね。これは後に、節分や庚申とされる訳ですが −− 」
「気と気の刃境 −− 百鬼夜行ですね」

科学の本魂魄(こんぱく)とはまあ魂のことなんだが、魂と魄とは別別でね。三魂七魄と云って魂が三つに魄が七つある。死ぬと三魂は消えて六道に輪廻し、七魄は骸(むくろ)とともにこの世に残る。つまり屍体には魂が残ってる訳だな。





 
『百鬼夜行-陰』京極夏彦

科学の本「鬼と云うのはね、ふつう人には出来ないことをするモノ、なんじゃあありませんか? やれば誰にでも出来るけど、普通は絶対にしないこと、出来るんだけれども常人なら出来ないこと。そう云うことが平気で、平然と出来る -- それが鬼なんじゃありませんかねえ。」



 

『豆腐小僧双六道中ふりだし 本朝妖怪盛衰録』京極夏彦

科学の本野暮と妖怪は箱根から先 -- などと云うが、それはな、江戸では見世物として楽しまれている見越し入道も、田舎に行けば本当に居ると思われてしまう、と云うことだ。






『妖怪大談義 京極夏彦対談集』 角川書店

● 怪異をデコードする小説家・京極夏彦が、さまざまな15人と対談しまくり!
 水木しげる、養老孟司、中沢新一、宮部みゆき、夢枕獏、大塚英志、高田衛、小松和彦、西山克、唐沢なをき……

科学の本中沢新一 ”竈(かまど)の近くにいる人間は非常に力のある存在が多い。今残っている民話の中で旧石器時代の民話に近いのは「シンデレラ(灰かぶり姫)」なんです。竈の近くにいるからこそ、普通の家庭生活からはみ出しちゃっている。”

科学の本『死なう団事件』1928年、江川桜堂により設立された、「日蓮会殉教衆青年党」による事件。1937年、皇居前や国会議事堂など、首都各所で「死のう、死のう」と叫びながら割腹自殺を図ったが未遂に終わった。




『怪異学の技法』 東アジア恠異学会編 臨川書店
 京極夏彦論文収録

科学の本米津江里 ”江戸時代には女性用書物(女書)も多数刊行される。特に元禄期前後は、女性を読者と想定した産に関する専門書(産書)をはじめ、教訓型女子用往来(女訓書)、さらには生活百科事典的な実用書物などの女書が登場する。”

科学の本梅沢恵 ”連太鼓を背負う雷神図像の歴史は古く、すでに中国の六世紀の石仏や敦煌莫高窟(とんこうばっこうくつ)二四九窟の西魏時代(六世紀)の壁画にもみられる。”




『日本妖怪学大全』

●京極夏彦や湯本豪一はじめとして妖怪研究の有名ドコロさんたちからの論考も含め、妖怪すごろく、ろくろ首、子泣きじじい、お岩さん、鳴弦墓目に口裂け女まで、さまざまな切り口の怪異研究がずらり勢揃い。

こちらで紹介  →●本 『日本妖怪学大全』


ほか、こちらでも京極先生はいいお味

●本 『妖怪馬鹿 化け物を語り尽せり京の夜』 京極夏彦, 村上健司, 多田克己 著
●本 『怪異学の可能性』 東アジア恠異学会著


 → ミニ特集:民俗学を読む本
 →『ミニ特集:民俗学 多々良先生的妖怪講釈本』





ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む