このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  猫肉の薬効:ネコを食べる

科学に佇む書斎
【2008/03/29】

泣き猫LG

2008年03月27日 【中国】
生きたネコを煮てスープに
 ┗ 厨房から猫の悲鳴 レストランに批判集まる

 ↑
これは話の枕です。

本題は以下。




2008年3月29日【札幌】文化人類学会/北海道民族学会
 研究会 「医療人類学の近未来を語る」

道信良子(札幌医科大学)
「グローバル企業におけるHIV/AIDS対策-グローバル・ヘルスの視点から」
花渕馨也(北海道医療大学)
「病いの偶発性とプラグマティズム-医療人類学に未来は語れるか?」
池田光穂(大阪大学コミュニケーションデザインセンター)
「医療人類学の近未来を語る」
司会:松岡悦子(旭川医科大学)

参集者十数名。
今まで見た学術集会の中で、一番人数が少ない集会だった。春休みだったんだもんね、仕方ないのかな。

さても、社会医学の林さんだったろうか、「ネコ薬膳」のお話をお振りになっていた。
ネコを食べる。
沖縄の離島方面で、今も脈々と残る静かな潮流。治療効果を期待して、煮詰めたネコの血肉や、猫の脳を、食する。
1999年 沖縄県のネコ肉食業者問題で、沖縄県知事へ「猫肉業者の取り締まり 等を求める要望書」を提出。(NPO法人 動物実験廃止を求める会(JAVA))
1999年 救助活動「糸満猫肉業者」猫10頭(動物たちを守る会ケルビム)

・沖縄の伝統的な薬膳料理には犬肉の料理や猫肉の料理がある。
・猫肉は喘息(ぜんそく)に効く。


●猫を食べる
リンク 2005年「魔法のiらんど」
(現在はリンク切れ http://ip.tosp.co.jp/Kj/Tospi200.asp?I=uranus01&P=0&Kubun=V5)

 日本で猫を食べるようになったのは、猫が増えた江戸中期からで、肺の病に効く・精力増強効果があるとして遊郭街や過酷な労働を行う鉱山夫や動物性蛋白質が乏しい島の漁民などの間で盛んに食べられていました。
 また、長崎県の対馬のようにツシマヤマネコのようなヤマネコを食べていた地域では、それらのヤマネコの代用品として猫が食べられることもありましたし、東北地方には人間の子供を襲う巨大な猫の化け物をマタギが退治して食べたと言う伝承がいくつか残っており、この伝承を根拠に東北地方にも江戸初期まではヤマネコが生存していたとする動物学者もいます。
 近年の話ですと、2000年(平成12年)に沖縄の農村で郷土料理用の食材として、代々猫肉を販売していた老夫婦が無許可で食肉を販売したとして食品衛生法違反で摘発されています。



この稿は、2008年に記した 旧ブログ記事 再掲(転載)稿です。


本州でも、過去、フツーにイヌネコの肉を食っていた。(世界的にも、古今東西、愛玩動物と食用動物はじゅうぶん同じ存在でありうる)
クジラを食うのが、日本国のサバイバル手段や伝統として必要なのであれば、イヌネコは鯨よりもっと身近な食肉候補。





江戸中期というと、まだ獣肉は御法度の時代だ。
常用する食品ではなく、せっぱ詰まったときや祈願が必要なときに、「強力な食物(呪物)」として採られていたと思われる。(薬食、医食同源)

ところで、犬肉食について詳しく述べられている本はあるのだが、

●右画
→桂小蘭 『古代中国の犬文化 食用と祭祀を中心に』
 ┗ 黒犬は薬用。病魔含む祓いは白犬。滋養強壮なら黄犬(赤犬)。これは実効ではなく、陰陽五行からきた論理の帰結。

猫肉食をメインにぎっちり開陳された論考は、寡聞にしてみたことがないんだよなぁ。

犬肉食は、滋養たっぷりな風水的アイコンとして、実際以上の効力を託されていたという由来がはっきりしているのでわかるのだが、犬よりはるかあとになって東洋にやってきた猫に関しては、これはどのような意味づけによって薬効があるとして立ち上がったのか、そんなバカみたいに古い時代の話でもないし、調べようと思えば突き止めることは可能なはずだ。

猫肉では、トラ猫 白猫 黒猫などで薬効の差(風水の色別効用)は設定されていたのか。
なぜ特に猫の薬効が「肺」なのか。
陰陽五行では、猫はどこに配されるモノであるのか。(風水における「虎」のポジションとの関係は?)
どこかに既存の関連論考はありますか?

なお、対馬や西表(いりおもて)など、大陸からイエネコが渡来する前から地元に土着のヤマネコがいた文化圏では、普通にそれらのネコをとって食っていた歴史がある。
本州でフツーにニホンザルの黒焼きや脳みそが薬膳として流通していた、それと似たようなもんだ。
→●本『猿 ものと人間の文化史』 廣瀬鎭

獣の肉を食することがタブーだった当時は、そのぶん栄養が足りず病弱になることもあり、弱った者が肉(タンパク質)を食べると簡単かつ劇的に「滋養強壮」効果が現れることが少なくなかった。
禁止と、実際の効力。それゆえに、風水や五行云々をよっこしてもなお、よけい薬効の期待が大きかったということもあるのだろう。

●猫肉料理
そういえば、ヒトは、猫アレルギーを発症することはよくあるが、イヌアレルギーは稀だったと思う。(猫ヒロシはネコアレルギーの既往者さん)

犬アレルギーの研究例:
2011/07 EurekAlert Study: Hypoallergenic dogs not less allergic than other dogs
低アレルギー犬はアレルゲンが少ないんじゃなくて、抜け毛が少ないだけ


イヌは、猫よりはるかにヒトとの共存の歴史が長い。(日本だけに限っても1万2000年前から縄文人とイヌは共存していた。そしてそれ以前から、ヒトはイヌ肉を食っていた)
イヌと共存できない血脈の人々は、もしかしたら生存にかなり不利だったのかもしれない。
イヌは、ヒトの視線を理解できる素養を持つように進化してきた。そこまで、ヒトとイヌの関係は深く長かった。
ネコは、性質が温厚になるように淘汰されただけであって、イヌほどのヒト共存に特化した性質を持つには至っていない。
(ロシアなど「キツネを代々温厚に淘汰したらイヌっぽくなったよ」という実験報告がなされている。ネコが経たのはたかだかその程度の淘汰ではないかと思える)




以上、2008年当時の記述。

おまけ





→『犬肉食の文化』
→『猿を食う日本の民俗』
 →『ミニ特集:動物愛護・動物の権利を考える』

 →『ミニ特集:猫 ネコ にゃんこ』
 →『資料置き場:寄生虫トキソプラズマにご用心』
 



このページ 『猫肉の薬効:ネコを食べる』 は以上です。

科学な本のご紹介:  朝倉心理学講座 高齢者心理学

科学に佇む書斎
【2008/03/26】



高齢者マーク『朝倉心理学講座15 高齢者心理学』 

高齢者差別は世界の三大差別の一つ。
自分の中の差別心(決めつけ)を知らずして高齢者の処遇を語るなかれ。
ほかならぬ自分自身の未来をここに読んでおけ。

科学の本成田健一 ”世界保健機関(WHO)が指摘する6つの高齢者神話:先進国に住む/弱い/男女同じ/皆同じ/社会に貢献しない/社会にとって経済的な負担 これらの偏見が跋扈している。”

科学の本高齢期に生み出された作品(絵画や音楽、書物など)に広く共通して見出すことができる4つの特徴:
 主観的な経験を重視する
 調和を重んじる
 総合的
 「老い」を意識した内容

科学の本サイモントンはクラシック音楽の作曲家の最後の作品はそれまでのものより短いけれど、旋律が明快で深みのある作品が作られている傾向があることを見出した。「白鳥の歌現象(最期に美しい声で鳴く)」と呼ばれる。

科学の本石原治 ”年齢をどのように区切るかは、高齢者心理学において議論の絶えない問題点である。いずれにせよ、高齢期を1つの時期として捉えるのは無理であるという点では一貫している。”

科学の本藺牟田洋美 ”感情表出が豊かな人が長生きであり、常日頃から不満足感が高い人や感情表出が下手な人は早く亡くなりやすいかもしれない。”

科学の本成田健一 ”レイシズム(人種差別)研究やセクシズム(性差別)研究と比べて、桁違いにエイジズム(高齢者差別)研究が少ない。”


高齢者差別がらみの調査や研究特集
 → 科学で偏見チェック!「高齢者差別、加齢と暗示」




『朝倉心理学講座 15 高齢者心理学』
 海保博之 監修
 朝倉書店
 



 →『ミニ特集:高齢者は自分自身の未来』
 →『ミニ特集:高齢期を知る』

 



このページ 『朝倉心理学講座 高齢者心理学』 は以上です。
ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む