このサイトの中を     2016年選り抜き10冊     2015年選り抜き20冊 

科学な本のご紹介:  音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで

科学に佇む書斎
【2000/03/29】



音のスペクトラムアイコン『音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで』

講談社ブルーバックス。
基本がつかめて小ネタも拾えるちょいと便利な新書仕様の事典です。

科学の本紀元前5、6世紀のギリシャでは、5度の音程(ドとソの音程)の周波数比を2対3と定義して音律を構成した。これを「ピタゴラス音律」と呼ぶ。

科学の本「鳴き龍」は音響学ではフラッターエコーと呼ばれる現象である。別に龍の絵がなくても、反射性の高い平行面があればどこでも生じる。

科学の本ホーミーでは倍音が極端に強調される。女声は男性より基本周波数が高いため、倍音の数が少ない。女声のホーミー歌手がほとんどいないのは、このためである。

科学の本昔の京都では、騒音防止のため夜間は牛車での砂利道通行を禁止していた。

科学の本ポピュラー音楽は耳になじみやすく、伝統的な邦楽は聴いていて奇異な感じがするのは、明治以降、日本の学校教育でクラシック音楽(洋楽)の様式が偏重されてきたためである。

科学の本7時前のNHKの時報「ポッポッポッピー」の、ポッは440Hzの純音でピーが880Hzの純音。117番の電話時報案内は、ポッが500ヘルツ、ピーが1000Hzである。







 


『音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで』
 日本音響学会
 講談社ブルーバックス
 


電子書籍版もあります。



 → 『ミニ特集:音の科学や聴覚を語る本』
 →『音楽を習うと人生どのくらいお得度合いが向上するか』

 →『ミニ特集:五感研究の本いろいろ』

 



科学な本のご紹介:  人類にとって戦いとは 2 戦いのシステムと対外戦略

科学に佇む書斎
【2000/03/06】



弓術Wikimedia『人類にとって戦いとは 2 戦いのシステムと対外戦略』

複数の研究者がそれぞれの守備時代や分野から論考を寄せている、お堅いまじめなシリーズです。

科学の本藤尾慎一郎 ”弓と矢は縄文時代から存在し基本的に狩猟用に作られた道具であったが、弥生時代になると一般的に戦闘用の特徴を備えてくる。”

科学の本大林太良 ”近接戦がある戦いでは剣や戈を持つ戦士が戦いの主人公で、弓や投石担当の戦士は脇役化し散兵化する。戦闘指揮官や有力者の出現は、戦闘に近接戦が存在したかどうかが決め手になる。”

科学の本藤尾慎一郎 ”漢では、鍛冶技術の大きな進展が起きるのが、前1世紀の中頃だといわれていますが、この頃に剣から刀へという大きな変化がみられます。
 剣と刀の違いについては、一説によると、人をぶった切るときの衝撃に耐えられる強靱さをもっているのが刀だということです”
 
科学の本下向井龍彦 ”蝦夷騎馬戦術を端的に示す「蕨手刀(わらびてとう)」は、柄反りをもつ湾刀(わんとう)であった。反りは、弧を描いて打ち斬るとき最も威力を発揮し、馬上での斬撃に適している。”

科学の本下向井龍彦 ”蕨手刀(わらびてとう)は蝦夷(えみし)・俘囚(ふしゅう 陸奥・出羽の蝦夷の一部)の刀であるが、毛抜型太刀(けぬきがたたち)は刀身60cm以上の堂々たる日本刀の原型であり、中世武士のものである。”



リンク毛抜型太刀 画像集

科学の本藤尾慎一郎 ”1世紀以降になると、墓の中から骨が見つかりにくくなる。それまで骨の遺存を可能にしていたのは、甕棺(かめかん)葬という好条件に恵まれていたからであった。”

科学の本松木武彦 ”弥生時代の場合は、馬がいませんので歩兵が主体です。古墳時代は馬具も現われますが、5世紀までは歩兵主体と考えていいと思います。馬具は6世紀あたりから増えてきます。”







『戦いのシステムと対外戦略 人類にとって戦いとは 2』
 国立歴史民俗博物館 監修
 東洋書林
 


 →『ミニ特集:戦争を紐解く本』
 →『ミニ特集:戦争について語る本』

 



ネットで拾えるのはちょびっとの情報だけ 
本にはもっともっとたくさんの情報がならんでるよ!
極上の読書体験を
2010年開始。
2013年に突如運営上の問題に見舞われましたが、 皆さんからの支えをいただき、 生き延びることができました。
→2013年の存続の危機
→カンパ応援の数々
その後もTwitter周辺のネット環境激変荒波はハンパなく、かろうじて踏ん張る日々が続いております。

●twitter @endBooks
botではなく手動です。

連絡窓口:メールフォーム


マジです!感謝です!

便利です!yata


メニュー

科学の本 読書に便利なリンク集
┗ 図書館ネットや
  安い古書情報



科学に佇む3000冊
Site map : 科学に佇む